トイレの水漏れトラブルを修理

トイレの水漏れトラブルが発生したら、場所を確定させることが最初の作業です。シンク内で発生している場合には、一定量がたまると給水をストップする機能に不具合が生じています。何らかの問題が起こって、いつまでも水を流している状態ですので、そのままにしても止まることはありません。給水を止める部分がどこかに引っかかっているだけなら、それを解除すると止まりますが、引っかかった原因まで追求しないとまた同じ現象が起こる可能性があります。

便器からの水漏れは、非常に厄介なトラブルです。結露であれば大した問題ではありませんが、それ以外ならひび割れが考えられますので、自分で修理することはできません。早急に業者を呼んで見てもらう必要がありますので、急いで業者をリストアップしましょう。滅多に起こりませんが、古くなると劣化によってひび割れることはあります。

業者が来るまでの間は応急処置が必要となり、テープやパテで一時的に処置をします。これは修理と呼べるようなものではなく、短時間のみやり過ごせる方法です。ウォシュレットから水漏れしている場合には、自分で修理するのは無理だと思った方が良さそうです。ウォッシュレット自体が非常に複雑な構造になっていますので、素人が見ても何が原因なのかが分かりません。

トラブルの中でも非常に厄介な部類に入り、業者への依頼が必須です。依頼することに決めたら、水道の元栓をしめて水が流れないようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です