水漏れトラブルはまず最初に自分で修理

水漏れトラブルを発見しても慌ててはいけません。まずは自分で修理できないかを考え、原因を探ることから始めます。ただし、これは漏れ方が酷くない場合であり、最初から酷い状態ならすぐにでも業者を呼ばなければなりません。業者に依頼したからといってすぐに来るわけではなく、少し時間がかかります。

ですから、応急処置くらいはしておいた方が良いでしょう。意外と多いパッキンの劣化は、症状が酷くても簡単に直せますので例外として自分で修理できます。パッキンはホームセンターで購入し、蛇口部分を分解して新品のものに変えるだけです。排水管部分から水漏れしている時には、ナットが緩んでいないかを確認します。

ナットの緩みが原因なら、工具があればすぐに修理可能です。排水管あたりでは、ナット以外にもパッキンが水漏れのトラブルを引き起こします。パッキンは蛇口部分のパッキンと同じように交換すれば止まります。一つだけ気を付けたいのは、合うサイズのものを購入することです。

このように、自力で対処できるトラブルは色々あります。どのようなケースでも共通して言えるのは、水を使わないようにすることです。原因も分からない段階で、探るために水を勢い良く流したら、一気に悪化して早急な処置が必要になります。すぐに修理できる症状だと限らないので、これはとても危険なことです。

水浸しになることもできるだけ避けたいので、タオルを敷き詰めることも忘れずに行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です