お風呂場の水漏れトラブルの修理方法

お風呂場の水漏れトラブルの主な原因にパッキンの劣化があげられます。パッキンは少しずつ劣化していきますので、定期的に交換することが大切ですが、使っていると忘れてしまって水漏れが発生してから気づくケースが多いようです。パッキンをいくつか用意しておくと、いざという時にすぐに取り換えられます。一般的に簡単に入手できますし、価格も安いので、軽いトラブルの一つです。

ホースやパイプに亀裂が入ってしまった場合の修理は、自分では難しいので手を食わずに業者に頼みましょう。日頃からDIYをやっている人でも、この部分の修理は難しいので避けた方が無難です。シャワーヘッドやホースに水漏れが発生したら、まずはシャワーヘッドを上向きに置いてみて水が出るかを確かめます。この状態でも出たら蛇口本体が原因ですし、接続部から漏れているならその部分の補修や交換が必要です。

上向きで漏れ出てこなければ、シャワーヘッドやホース内の残留水ですので、修理は必要ありません。浴槽では給湯器の給排水口の劣化が関係しているケースもありますし、浴槽にヒビが入っているケースもあります。ヒビ割れが原因の時には、市販のパテやシーリング材等の補修グッズで補修することが修理方法です。ゴム栓が原因のトラブルならば、交換するだけでほとんどは改善されますので、すぐに解決できます。

直接浴槽と繋がっている給湯器から水漏れしていることを発見したら、業者への連絡が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です