水道詰まりの修理で用いるワイヤースプリングとは

水を使用する時、必ず水栓器具を介して必要な水量を調整しながら使用します。1つまたは2つのハンドルが備わり、左右に駆動する蛇口から水が出てきますが、ハンドルを全開にしているのに十分な水量を確保できないという経験をなさったことはありませんか。これは配水管または水栓器具内で水道詰まりを起こしているのが理由です。そのまま放置しておくと配水管を傷めてしまう恐れがあるので、早急に修理をしないといけません。

水道詰まりを修理するには専門会社に依頼をするほか、自分で修理道具を購入して直すことも可能です。水道詰まりを引き起こしている原因は水に含まれている塩素が配管や器具内で結晶化しているためであり、これを除去すれば元通りの水量を確保できます。自分で修理をする時に必要となる道具は、「ワイヤースプリング」というものです。この道具は専門修理会社でも使用されているもので、極細のステンレス製ブラシを先端に備えているのが特徴です。

長さ1.5m~2mのワイヤーの先端にブラシがあり、水栓器具から配水管内に挿入して結晶化している塩素を除去することが可能です。「ワイヤースプリング」はホームセンターやECサイトで1個1、500円前後で販売されています。大・中・小と異なったサイズの商品がありますが、一般家庭なら小サイズのブラシが適正です。蛇口から挿入することができ、力を必要としないので女性やお年寄りまでどなたでも水道詰まりを直せる道具です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です