水道詰まりの修理に必要なもの

水道詰まりなどの水回りトラブルは、ある日突然起こることが多いです。家の中でも使用頻度が高い場所であるからこそ、急に使えなくなると焦ってしまいます。そんな時、水道詰まりなどを自分で修理することができたらとても便利です。トラブルの原因や、水道詰まりの状態によっては自分でも簡単に修理できる場合もあるため、いざという時のために修理に必要な道具などを揃えておくと安心でしょう。

まずは、自分で解決できるかどうかを見極めることが大切です。水道管や排水管自体が破損していたり、天井やトイレなどから水漏れしているような場合は、自分では難しいことが多いため専門の業者に依頼する必要があると言えます。蛇口から水漏れしている場合は、部品の交換などで対応することができる可能性が高いです。最低限の道具があれば、自分でも交換は可能であると言えるでしょう。

水回りの修理には、最低限必要なものがあります。まずは、プラスドライバーです。ドライバーは100円ショップでも購入可能ですが、精度が低いものを選んでしまうとネジ山がつぶれてしまいすぐに使えなくなる可能性もあるため、ホームセンターなどで選ぶことをおすすめします。次にモンキーレンチが必要です。

ボルトやナットを外す際に使用するので、準備しておきましょう。さらに止水栓ドライバーがあると便利です。マイナスドライバーで代用することもできますが、止水栓に傷が入ってしまうこともあるため準備しておくと安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です