水道詰まりの修理をするなら

長年使用していると、トイレやキッチン、浴室などの水道のトラブルが起こることがあります。毎日使用することが当たり前になっているので、使用できなくなると困ってしまいます。キッチンの水道詰まりの原因は、主に料理をするときなどに出てくる油分や脂分です。天ぷらなどの揚げ物に使用した多めの油を、そのまま排水口へ流す方はいないと思いますが、炒め物などに使用した極少量の油は流れてしまうと思います。

その油分が下水管のパイプ内に付着してしまうことで、詰まりの原因になって修理が必要になってしまうのです。排水管パイプは蛇腹のホースが使用されていて、シンクの排水口から床の下にある下水管までを繋いでいます。そこへ冷たく固くなった油汚れが付着することで、パイプ内をどんどん狭くしていき水道詰まりのトラブルが起こってしまうのです。水道詰まりの修理をしなければいけなくなる前に、排水口へできるだけ油分を流さないようにすることが大事です。

油分が温かいときは透明で見た目では多いようには見えないかもしれないですが、冷えてくると白く固まります。できるだけお湯で洗い流すことで、排水溝や排水管、下水管を通り過ぎて流れていきます。食器やフライパンを一度ペーパーで拭いてから洗うことも良いです。修理をするとなると、専門の水道業者の方に連絡して直してもらわないといけなくなります。

日頃から気を付けて使用することで大きなトラブルになることはありません。神戸のトイレつまりのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です