神戸でつまりの原因になりやすいトイレットペーパー

神戸でもトイレつまりは、水道トラブルの中でも特に発生が多いといわれています。一度解消しても、再発もしやすいので、再発を防ぐ工夫もしていきましょう。神戸で多いつまりの原因では、トイレットペーパーが関係していることも多いとされています。多く使用して、一度に流そうとしてつまることもありますが、それほど多くの量を流していないにもかかわらずつまってしまうこともあります。

激安価格で販売されているトイレットペーパーには水に溶けにくいタイプもあるので注意が必要です。海外ではペーパーをトイレに流せない国もあります。そうした国で作られているものは水に溶けやすくするようには作られていないので、つまりやすいといえるでしょう。国内産のものでも、ダブルやトリプルタイプのもの、洗浄機能に対応した破れにくいタイプはシングルよりも溶けにくいのでこちらも気をつけたいところです。

ダブルやトリプルタイプでは、一回の使用量もシングルより多くなりがちですので、そのこともつまる原因として考えられます。こうしたタイプのペーパーを使っていて、頻繁につまるのであればシングルに買い替えることも考えてみてはいかがでしょうか。トイレットペーパーが原因のつまりなら、簡単に改善できることも多くなっています。神戸ではぬるま湯やラバーカップを使った解消方法がよく選ばれていますので、まずは試してみるとよいでしょう。

いろいろな方法を試しても、改善しない場合は別の要素が絡んでいる可能性もあります。原因がわからない場合は専門業者に相談することがおすすめです。神戸のトイレつまりのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です